もとしの夫婦ブログ

~マレーシア駐在夫婦のリアルな暮らし〜

Yam Freshの冷凍芋圓(タロボール)を自宅で茹でてみた!果たしてそのお味は?

<スポンサーリンク>

f:id:ayamchan:20191007015324j:image

こんにちは、もとしです。

先日ご紹介しました「Yam Freshの絶品芋圓(タロボール) 」の記事に続きまして、第2弾として冷凍芋圓を自宅でゆでて食べてみました。

今回試した冷凍芋圓はYam Freshで購入できますのでぜひお試しあれ!

 Yam Freshについてはこちらの記事をご覧ください↓

www.motoshiblog.com

冷凍芋圓のお持ち帰りについて

 Yam Freshでは1パック350gの冷凍芋圓(タロボール)が販売されており、今回はこちらを購入して自宅で調理することにしました!

お値段

1RM=約25円

冷凍芋圓 350g  12.9RM=322円


f:id:motoshiblog:20190909234814j:image

f:id:motoshiblog:20190909234720j:image

自宅で準備したものは?

今回調理において準備したものはこちらになります。

準備するものを見た感じでもいかにもお手軽感が満載ですね。笑

では早速ですが調理開始です!!

準備したもの
    • 冷凍芋圓
    • トッピング用あずき缶
    • 茹でる用フライパン
    • 氷水とザル

※お洒落な鍋が無かったのでフライパンです。(笑)

調理開始

Step1 冷凍芋圓を開封

まずは購入した冷凍芋圓を開封!

冷凍芋圓は表面にタピオカ粉がまぶされているので、白っぽい感じでそれぞれがくっついて凍っている状態でした。

開封と同時にフライパンでお湯を沸騰させます。


f:id:motoshiblog:20190909234039j:image

f:id:motoshiblog:20190909234053j:image

 

Step2 芋圓を茹でる

冷凍芋圓を沸騰したお湯の中にそっと入れます。

タピオカ粉がお湯に溶けてドロッと白っぽい感じになりますが、

最後にさっと水洗いしますのであまり気にしなくても問題ありません!

この時に芋圓同士がくっつかないようにやさしく混ぜてあげるといいです!

 

Step3 芋圓を氷水でしめる

約5~6分程度も茹でるとカラフルな芋圓がぞくぞくと浮き上がってきます。

紫・オレンジ・白のコントラストがなんとも可愛いですね!

このあたりで芋圓を冷やす用の氷水とザルを準備しましょう!

タロボールを氷水へ移してください。

我が家では温かいままでも食べてみたかったので、氷水と常温の2通りでザルにあげてみました。

Step4 芋圓を盛り付ける

ほぼほぼ完成したのですぐにでも食べたいところですが、おいしいスイーツにはやっぱり盛り付けもこだわりたいですよね!

家にあずき缶のストックがあったので盛り付けて食べようとすると、妻から「ちょっと待った!!」の一言!

なんと妻がおもむろに撮影機材を取り出して、こんなにキレイに盛り付けてくれました!

写真からおいしさがにじみ出てきてますね!

感想

撮影も無事完了しまして妻と実食タイムです!

 

果たしてそのお味は・・・?

 

ん・・?(驚笑)

 

二人して食べた瞬間顔を合わせて爆笑です!

おいしいものを食べると自然と笑ってしまうあれです!

 

芋圓のもちもち触感が忠実に再現されており、お店では黒糖シロップと合わせて食べることが多いのですが、あずき缶との相性もばっちりです!

 

イメージは白玉入りのおしるこの様な感じですが、芋圓はほんのりお芋の甘さや香りが後から鼻を抜ける感じがしてなんと言えず絶品でした!

 

まとめ

芋圓が自宅でも簡単に味わえ、冷凍保存なのでいつでも食べたい時にさっとゆでるだけで絶品芋圓が再現できました!

今回トッピングはあずき缶だけでしたが、豆乳プリンや黒糖シロップとの相性も抜群ですので、いろいろなトッピングを用意して食べるのも楽しみですね!

みなさんも休日のちょっとした楽しみに一度試してみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。